男性の脱毛にかかる費用

男性向けの施術の場合は、ヒゲや体毛の本数を減らすことが優先され、多くの場合は出力の高いレーザーまたはニードルが使われる

昨今では、女性だけでなく男性にも、エステサロンやクリニックで脱毛をする人が増えてきています。女性の場合は、肌を白く見せること、あるいはツルツルとした手触りにすることが目的となっています。それに対して男性の場合は、ヒゲ剃りの手間を省くため、または胸や下腹部の体毛による蒸れを防ぐためといったことが目的となっているのです。
そのため女性向けの施術では、肌を美しく見せるために、刺激の少ないインテンスパルスライト、あるいは出力が低めのレーザーが使われています。ところが男性向けの施術の場合は、肌を美しくすることよりも、ヒゲや体毛の本数を減らすことが優先されます。そのため、インテンスパルスライトが使われることは少なく、多くの場合は出力の高いレーザーまたはニードルが使われるのです。

レーザーは一度に複数の毛根に施術でき3回ほどの照射で毛根ごと処理、ニードルは基本的に毛根ひとつずつの施術で1回の施術で脱毛が完了

出力の高いレーザーの場合、3回ほどの照射で、太く濃いヒゲや体毛でも、毛根ごとしっかりと処理することができます。具体的には、これらがレーザーの熱で完全に生命力を失うのです。毛髪は、伸びきって成長する力を失うと自然に抜け落ちますが、ヒゲや体毛も生命力を失えば抜け落ちます。また、毛根も一緒に生命力を失うわけですから、その後は新しいヒゲや体毛が生えなくなります。
一方ニードルが使われる場合は、1回の施術でヒゲも体毛も、そして毛根も、完全に力尽きます。というのも、ニードルは1ミリ以下の細さなので、毛穴の中に入れて、毛根を直接刺すことができるのです。その状態でニードルが熱されるので、毛根は刺されることによるダメージと熱によるダメージとで、すぐに力尽きるわけです。
ただしレーザーの場合は、一度に複数の毛根に施術できますが、ニードルの場合は基本的に施術は毛根ひとつずつにおこなわれます。つまりレーザーの方が、施術回数が多い分、1回の施術時間が短くて済むわけです。それに対してニードルの場合は、1回の施術時間は長くなりますが、その1回で脱毛が完了します。

顎でのヒゲ脱毛の場合、レーザーの場合は6万円ほど、ニードルの場合は30万円ほどかかる

方法や施術回数、施術時間が異なるため、これらはかかる費用も大きく異なっています。レーザーの場合は、施術部位にもよりますが、顎でのヒゲ脱毛だと、1回あたりの費用は約2万円です。つまり3回の施術で6万円ほどかかるということです。
ニードルの場合は、施術1分間の費用が300円ほどとなっていて、その1分間に約10箇所の毛根を処理することができます。ヒゲは個人差があるのですが1万本ほど生えているので、全て処理する場合には、30万円ほどかかることになります。